わらういぬの生活。

奈良県の動物愛護グループ「Dog's Smile」さんで 里親募集中のワンコたちの一時預かりボランティアとしてお手伝いをしています。 現在、ビーグルのスパイク(♂7さい~&アンディ(♂1さい~)が仮暮らし中。


奈良県の動物愛護グループ「Dog's Smile」さんで
里親募集中ワンコの一時預かりボランティアとしてお手伝いをしています

現在の預かりワンコ 

SPIKE ANDY
「スパイク」 推定7さい~ ビーグル(♂)  「アンディ」 推定1さい~ ビーグル(♂)
プロフィールは→コチラ             プロフィールは→コチラ

所属は 「Dog's Smile」さん


603445ad.gif
 
ランキングに参加中、よろしくお願い致します。
ブログ村


すこしまえに
たんそく家のブログの方では

お話をしていたのですが…

041101

スマホ用の
セルフィレンズってやつを購入しました。


目的は、もちろん
自撮り…などではなく

ひたすら魚眼レンズで
ワンコたちを撮ること。


動きがあまりない(笑)
スパイク師匠は

0501

すぐに撮影成功したのですが


「止まったら死ぬねん」で

カメラを向けると突進してくる
アンディ少年の方は

かなり、苦労を致しまして…


やっとこさ

050101

まともなのが、撮れたー!!


この預かりブログの方のアイコンは

先代預かりワンコ
ずっと卒業生の華ちゃんのまんまだったんだけど

090605
(これはこれで気に入ってた写真)


いまさらではありますが
あんスパショットに変更しました。


普段から
あまりにペースが違うので

アンディ&スパイクのツーショットは
もう、ほとんど至難の業^^;

ansp

合成だけどねー、アハン。


はやいもので

アンディ&スパイク
保護してもらってから、5か月が経過しました。


いつか、きっと
みんながそうだったように

「唯一無二のご縁」

ふたりとも掴んでくれますように!


新しいアイコン画像に
願いを込めて…



たんそく家での預かりっ子たちをはじめ
たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。

お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」さん
++嗚呼、短足動物園++まで お願い致しますね。


ランキングに参加しております。
クリックして応援いただけると励みになります
よろしくお願い致します。

ブログ村


にちようびは

「Dog's smile」さん主催
第30回ほごいぬミーティング at 奈良県庁でした。


たんそく家からは
アンディ・スパイクが参加致しました、


この日、

私がアンディ少年のリードを持ち
♂さんは、会場スタッフとして

そして

スパイク師匠のリードを
高校生ボランティアのおにいちゃんが持ってくれましたよ。


ただ…

会場での写真は
うっかり1枚も、撮っていません^^;


唯一

042509

東京に住む
娘さんご夫婦と奈良で合流して

鹿児島からあそびに来てくれた

卒業生のチャロ氏。


そして…

0425

4月8日に
虹の橋へとお引っ越ししていった

卒業生・クラリスちゃんの里親さまが

後輩たちへのプレゼントを持って
お顔を見せに来て下さいました^^


私の方にあまり余裕がなくて

なかなかゆっくり
お話させていただくこと叶わず

申し訳ありませんでしたが

懐かしいお顔を拝見し
とっても嬉しかったです。


Mちゃんも、Uさんも
どうぞお身体を大事になさって下さいね。

そしてまたご家族の皆さまにお会いできること

♂さん共々
心より、楽しみにしております!


ありがとうございました。


この日は
アクシデントで到着時間もギリギリだった為

朝から余裕なく
ひとりで焦りまくってて


クレートに待機してもらおうと
アンディ少年を促すことに気をとられているあいだ

隣のスパイク師匠に
(直前にお散歩してきたはず…)

じょーっ
と、足におちっこ引っかけられちゃうという大失態^^;

(今さらお世話係にマーキングするなよぅーっ)


ご心配&ご迷惑をお掛けしてしまった皆さま
本当~~~に、スミマセンでした。

(私、朝、とんでもない顔してたと思う…)

会場設営から撤収まで
なにもかもお世話になり、感謝感謝でございます。


この日

あんスパコンビに会いたかったよ~!
と、仰って下さるお客さまもたくさん…

あたたかい手で
たくさんナデナデしていただけて嬉しかったです^^


不手際や失礼なども
多々、あったかと存じますが

あんスパに免じて
何卒、ご容赦いただけますと幸いです。


朝から夕方までの長丁場
スパイクを担当してくれた高校生ボランティアくんも

本当に、お疲れ様でしたね。
ありがとう~。


最後になりましたが

「Dog's Smile」 オットさん・*chico*さん

ボランティアスタッフの皆さま

奈良県職員の皆さま
獣医師会の皆さま

お世話になり
ありがとうございました。

おつかれさまでした。


足を運んで下さった皆さま
お声を掛けて下さった皆さまにも

心より、御礼を申し上げます。


美味しい差し入れや
保護犬たちの為の物資も

042601

たくさん、ありがとうございました。


この日、頑張ったほごいぬちゃんたち
素敵なご縁が繋がるといいね…

嬉しい報告が聞けるのを
のんびり楽しみに待っていたいと思います^^



会場の写真、撮ってないから
かわりに、買い食いの様子を…

042705

(笑)



たんそく家での預かりっ子たちをはじめ
たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。

お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」さん
++嗚呼、短足動物園++まで お願い致しますね。


ランキングに参加しております。
クリックして応援いただけると励みになります
よろしくお願い致します。

ブログ村


昨日に引き続きまして…

お次はこのコのご紹介をば。

(5月18日改訂)


spike00

仮名 「スパイク」

推定7さい~
ビーグル(♂)

体重 8.15kg

フィラリア抗原検査(-)

マイクロチップ装着 済
8種混合ワクチン接種 済
内部・外部駆虫 済


血液検査の結果
他、健康状態に問題はありませんが

年齢的なこともあり
膀胱炎(血尿)を繰り返しやすい体質なようです。

食餌については

療法食(pHケアorコントロールなど)オンリーで
様子をみています。


12/29 去勢手術済

その際、悪くなっていた歯を
だいぶ抜いてもらっていました。


ドライでも食べてくれますが

膀胱炎のこともあり
フードは多量のお水でふやかしてあげています。

(ガムなど、カタいものは食べられません)


spike04


お顔が白っぽいので
おじいちゃん感を醸しているかもですが

意外と(?)
動きなどは、若いです。


お耳もしっかり聞こえ
目もばっちり見えていますし

(でもすこし、白内障は始まっているそうです)

足腰もお達者でございます。

spike02


お散歩では
とても上手に脚側歩行。

足取り軽く
楽しそうに歩いてくれますよ。


保護されて間もない頃は
人の手を怖がるような面も見られましたが

ナデナデしてあげると
お腹を見せて喜んでくれます。

spike03


イタズラっぽいイタズラは
いまのところ、ありません。

他犬との暮らしも問題ないようです。


010302

おちっこはやはり、足を高々…


家の中でも
たまにマーキング行為が見られますが

マナーバンド等で対応しています。

0110

膀胱炎対策で
お水をたくさん飲んでもらうようにしているので

回数と量は、かなり多いです。


う~んの方も
いまのところ、不定期で

寝床を汚すことにも無頓着

留守中や、就寝中などに
ベッドで「う~ん」と添い寝していたり

踏み踏みしていることが、あります…^^;

(膀胱炎、細菌感染が怖いのですが…)


フードの内容により
食糞してしまうこともあります。

(pHケアのときは、召しあがりません)


基本的に
のんびりマイペースで

一日のほとんどを寝て過ごしていますが

お散歩や
特にオヤツやゴハンの際には

動きがかなり素早くなります。(笑)


spike05

本当にいい味出してるナイスキャラ。


122904

見ているだけで
とっても幸せであったかい気分にしてくれる癒し系。


031606

「シニアとの暮らしっていいなぁ」と
心から思わせてくれる子です。


奈良県の廃業ブリーダーでレスキューされた
スパイクとアンディ

昨日もお話しましたように

これまで苦労してきた子かもしれませんが

保護してもらえたことで
新たな一歩を踏み出しました。

でも、これも実は氷山の一角。


ペットショップのショーケースに並ぶ
可愛い子犬たちの裏側…

私たちがまず
おかしいと思わなくてはならない現実。


よろしければ、是非

保護主「Dog's smile」さんの
こちらの記事も御覧下さい。



たんそく家での預かりっ子たちをはじめ
たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。

お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」さん
++嗚呼、短足動物園++まで お願い致しますね。


ランキングに参加しております。
クリックして応援いただけると励みになります
よろしくお願い致します。

ブログ村
素直で明るくて可愛い子たちです。
応援、宜しくお願い申し上げます^^

↑このページのトップヘ