わらういぬの生活。

奈良県の動物愛護グループ「Dog's Smile」さんで 里親募集中のワンコたちの一時預かりボランティアとしてお手伝いをしています。 現在、ビーグルのスパイク(♂7さい~&アンディ(♂1さい~)が仮暮らし中。


奈良県の動物愛護グループ「Dog's Smile」さんで
里親募集中ワンコの一時預かりボランティアとしてお手伝いをしています

現在の預かりワンコ 

SPIKE ANDY
「スパイク」 推定7さい~ ビーグル(♂)  「アンディ」 推定1さい~ ビーグル(♂)
プロフィールは→コチラ             プロフィールは→コチラ

所属は 「Dog's Smile」さん


603445ad.gif
 
ランキングに参加中、よろしくお願い致します。
ブログ村


遡ること、2月4日…。


朝のお散歩を終えた直後

お部屋のシーツに
ただいまのおちっこをした

預かりワンコ・スパイク師匠…


よーく見ると
うっすら赤い…かも?


えぇっ?!
今朝イチのおちっこは普通だったのにっ!!!


で、その日の夜
病院で診ていただいた結果

「膀胱炎」


現在、
抗生剤と止血剤をいただいて治療中です。


とりあえず
大切なことは…

「我慢させない」
「お水をいっぱい飲んでもらう」


普段、使っている
ペットボトルの給水器に加え

020901

いつもお皿になみなみと
お水をご用意し

ざぶざぶ飲んでもらって

おちっこの方も
じゃーじゃー出してもらう作戦をとっています。


ウチでのスパイク師匠は

室内、屋外問わず
元々、したいときにする

という感じで

いつでもどこでも
足を上げておちっこをしているタイプの子。


これがマーキングなのか
単純に、頻尿なのか…

ウチに来た頃からずっとこうだったので
ちょっと見分けがつかず、なのですが


どうしても

季節的なものや
年齢的な理由などもあって

再発する可能性も、ゼロではありません。

021110
(毎週のように病院へ連れていかれて、絶望中な師匠^^;)


ただ

幸い、スパイク師匠は

お薬もそのまんま
無邪気に食べてくれますし

美味しくないはずの
缶詰療法食もペロリ


お水もしっかり飲んでくれるので

お世話係としても
ホントに助かっています。


とりあえず、今後も
「ざぶざぶじゃーじゃー」作戦を決行しながら

おちっこの様子を
しっかり観察していく必要がありまする。


嗚呼、なんとか
このまま願わくば、再発することがありませんように…


がんばろうね、師匠!




たんそく家での預かりっ子たちをはじめ
たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。

お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」さん
++嗚呼、短足動物園++まで お願い致しますね。


ランキングに参加しております。
クリックして応援いただけると励みになります
よろしくお願い致します。

ブログ村





預かりワンコ・アンディ少年

おウチのなかには
いろいろな誘惑がある、ってことを

知ってしまいました…。


ワンコ進入禁止のゲートも

020907

少しの隙間があれば

気合いとガッツで
簡単に乗り越えてしまいます^^;

(サークルの扉も、10センチくらいの隙間があれば抜け出ます)



キッチンのごみ箱のなかには

(日によっては)
いいニオイのするものが入ってるのよね。


そして、お部屋のなかにも

020911

このでっかい缶カンのなかには
ボクたちのフードがストックしてあって


上に重しを乗せてあっても

ちょっとコツを掴めば
落として、転がして、中身にありつけるのよね。


はい…

基本的に
アンディは素直でいい子です。


「コラ!」とか「ダメ!」の声で

020909

自主的に反省することだって出来ます。


だけど…

020910

立ち直りだって、早い^^;


お世話係の
目と声が届いているうちは、大丈夫。


なのだけれど…

日に日に
サークルやクレートからの脱出も上手になり


フタのあるごみ箱を漁っていたり

重いフードストック缶を引き倒して
ひとりで「カリカリ食べ放題」を実施していたり

(ゆっけとスパイクは、サークルです)


ほんの1~2時間
留守にしているあいだに

かなりお世話係をドキドキさせてくれました…。


幸い、今回は
事故につながったりすることもなく

お腹ぽんぽこりんになって
しばらく、大量のう~んが止まらなかっただけでしたが


やっぱり、こちらとしては
相当に心配し、そして落ち込んだわけです。


結局、笑い話で済んだけれど

もし、今後
なにかあったら…


アンディ少年
非常にアタマがいいです。

運動能力も高いです。


大丈夫だろう、と思っていた対策ですらも
あっさりと、突破されたりもしちゃう。


ウチに来た当初は

サークルから抜け出しても
おもちゃ箱を漁るくらいでしたが

ここ1~2週間で
こういうことも出て参りました。

(サークルを新調し、現在はシーツびりびりくらいで済んでいます)


いまのところ

家電や家具、コード類など
危険なものには興味を示しませんが

これも、今後どうなるかはわかりません。


フリーでお留守番、正直おそろしいです…


危ないものは置かない。
触られて困るものは、片付ける。


未来の里親さまには

気をつけていただかなくてはいけないことも
多く出てくるかもしれませんが


どうか、彼の素直なところ
いいところを上手に伸ばしてあげながら

危ないことはダメ、と
教えていってあげていただければと思います。


最初は

「オヤツをまったく食べてくれない」なんて
言ってたことが、まるで嘘のよう…

変われば変わるもんだ^^;


アンディ少年

まるで、マンガのような
ご陽気で面白い子です。

一緒に暮らしてると、ホントに可愛いです。


ご家族と共に
楽しく、美味しい毎日を

平和に(笑)過ごしてもらえると嬉しいな。



素敵なご縁、お待ちしております。

(近日中に、プロフィール記事もアップデート致します)




たんそく家での預かりっ子たちをはじめ
たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。

お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」さん
++嗚呼、短足動物園++まで お願い致しますね。


ランキングに参加しております。
クリックして応援いただけると励みになります
よろしくお願い致します。

ブログ村


さぁ、では…

お世話係がほごいぬミーティングで
ご来場者さまにお話しまくっていた

預かりワンコ・アンディ少年の「武勇伝」


今回のところは、まず
「序章」をお送りしたいと思います。


少しまえにまとめて

「いつでも里親募集中」にも載せている
プロフィールのなかでは

「屋根のないサークルは飛び越えます」

という文言だけに留まっていたのですが


その後
アンディ少年は、どんどん進化し

020701

屋根があっても
吹っ飛ばすようになってしまいました^^;


ちなみに、↑のは「すのこ」です。


かつて
いなほ&みのりの「おちびーず」滞在中に

2まい並べるとちょうどいいフィット具合だったので

こちらのサークルの
「屋根」がわりとして重宝していたもの…

(おちびにカジられまくって、ボロボロですけど)


ネットタイプのものもあるのだけれど
絶対に、食い破られるだろうと

これを使用していたのですが…


アンディおそるべし。


「すのこ」のみだと
いとも簡単に頭突きで吹っ飛ばされ


「すのこ」の上に
ほどほどの重さがある箱を乗っけて

重しにしていたものですら

↑のように、簡単に吹っ飛ばされる…^^;


あまりに重すぎるものを乗っけても
ケガとかしちゃうと元も子もないから

次の作戦として…

アンディを、サークルのなかで
さらに「ソフトキャリー」に入れるという二重構造を画策。


…2時間後
まさかの突破^^;

(キャリーの扉は、あっけなく開いていました…)


かくなるうえは
ゆっけの「バリケン」の登場です。

・・・

020707

・・・ていうかさ

これ、なに?(笑)


0207

ドア面の一部破損を認める^^;

(まぁ、最悪これでも使えるし、なんならドアだけ別売りもあるし)


で、

スパイク師匠が使っている方の
サークルとチェンジしてみたりもしてみたりして。

こちら
しっかりと金属製のツメではめ込むタイプの屋根。

(スパイク使用時には外してあります)

020607

これなら、ドアも屋根も
アンディには開けられなかったようなのだけれど

いかんせん、

いったん、屋根をはめてしまうと
開閉が大変でお手入れもし辛い…


と、いうわけで先日

「楽天おかいものマラソン」で
サークル+屋根面のセットをポチリ。


020702

ばね式のドアだと
力任せにこじ開けられちゃうのだけれど

こんなのとか


020703

こんな形状の鍵だったら
どうやら、セーフだったようです。


屋根面の方も…

020704

各箇所でしっかりロックしながらも


020706
(フード、まき散らしながら食べます…)

多少の面倒はあるものの
それなりに開閉はしやすく

お手入れ面でも、まぁ許容範囲。


いまのところは
問題なさげなのですが

020705
(念の為、カラビナ2つで扉の鍵を補強しております)


はてさて
どうなりますことやら…


人によっては

「そこまでして、サークルに入れなくちゃいけない?」って
思われる方もいらっしゃるかも、しれません。


アンディもね
基本、私が居るときはお利口ちゃんなんですよ。

留守中に抜け出して
いろんなことをやらかしてくれるようになったってだけで。


最初のうちは

おもちゃ箱のなかから物色したもので
機嫌よくあそんでるだとか

あちこちに
おちっこやう~んの痕がある…だとか

そんなくらいのことだったので
そうあまり深刻には考えていなかったのですが


ここ数日でちょっぴり
「ドキっ」としてしまうような出来事なんかもあり


やっぱりね…

ウチのゆっけもそうなんだけど

こういう子の場合
なにか事故があってからでは

後悔してもしきれないので


我が家では

目を配ってあげられないときには
サークルにINしてもらうようにしているのです。


これはあくまでもウチのルールなので

里親さまは
それぞれのお宅のルールに沿わせて下されば大丈夫^^


将来、いざお迎え下さった際に

もし、おなじようなことでお困りになった際
ほんの少し、参考になれば幸いです。


さて…

話が長くなってしまったので
アンディの武勇伝「本編」については、また次回…。



たんそく家での預かりっ子たちをはじめ
たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。

お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」さん
++嗚呼、短足動物園++まで お願い致しますね。


ランキングに参加しております。
クリックして応援いただけると励みになります
よろしくお願い致します。

ブログ村

↑このページのトップヘ