わらういぬの生活。

奈良県の動物愛護グループ「Dog's Smile」さんで 里親募集中のワンコたちの一時預かりボランティアとしてお手伝いをしています。 現在、ビーグルのスパイク(♂7さい~&アンディ(♂1さい~)が仮暮らし中。

2012年03月

ごく一部関係者のあいだでは…


「目がちっちゃいかも~」と

もっぱらの評判な、預かりっ子(大)の珊瑚さん。



++嗚呼、短足動物園++


うん、確かに…

大きくは、なさそうだ。



そんな時にふと


例のアレ で加工したらいいやん」

と、聞こえてきた…天の声。



そ、それはナイスアイデアかもっ。



てなわけで

♂さ~ん、頼んだよ~!!



++嗚呼、短足動物園++


どーん。


はい、というわけで

「例のアレ@珊瑚ちゃんバージョン」


いっちょあがり~。


++嗚呼、短足動物園++

(同僚・アクア姉さんもびっくり)



え~っと


…ちょちょいっと加工して

「お見合い写真」にでも使用しようかと思ってたけれど



「実物と写真が違う」とか

「サギ写」だとか言われそうなので


やっぱり、素顔で勝負してもらうことにします。



ちょっぴり離れ気味の小さなお目目

これが、珊瑚さんのチャームポイントなのよね。



++嗚呼、短足動物園++



ナデナデしてあげると

こんな風になんとも幸せそうな表情を浮かべてくれる、珊瑚さん。



なんでこんなにいい子なのよっ、て

小一時間ほど語ってしまいたくなるくらい


いじらしくて、謙虚なお姉さんですよ~。




お・ま・け。



昨年、秋頃にUPした記事にて


「ユッケが給水ボトルから、お水を飲めなくなった」


というお話をさせていただいて

久しいところですが



先日より、やっと…


++嗚呼、短足動物園++

(お掃除中に激写)


普通に飲めるように、なりました^^;


まだそれでも

怖々、なんですけどね…。



ボトル恐怖症と化してから、約半年。



ここまで、長かった…^^;


神経が細過ぎるのも、程々にネ。




預かりっ子・AQUA&珊瑚をはじめ

たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


オンナは黙って、素顔で勝負!

預かりっこ(大)・珊瑚さんに「そのままで充分可愛いよ!」のクリックと

事件から半年経って、やっと給水ボトルからお水が飲めるようになった

ビビリ・ビビラー・ビビレスト・我が家の愛犬ユッケどんにも

「心配しなくて大丈夫よ!」のクリックをお願い申し上げます。

預かりっ子(小)AQUAを、10代目

預かりっ子(大)珊瑚を、11代目としていますが


特に順番に意味はありませぬ。



ただ、ご紹介時のインパクト的に

でっかいのを後に持ってった方がいいのかな、程度で。(笑)



と、いうわけで

先ほどに引き続きまして


インパクト大な、預かりっ子(大)のご紹介。



++嗚呼、短足動物園++



仮名  珊瑚(さんご) ♀


ゴールデン・レトリバー


推定 5~6歳程度

体重32.3kgという、大型新入さんです。(笑)



++嗚呼、短足動物園++


そりゃあ、まぁ

単純計算で、ユッケの3倍あるからね。(笑)




++嗚呼、短足動物園++



フィラリア(-)


レボリューション 済 (3/23)

8種混合ワクチン接種 済 (3/22)


後日、避妊手術予定。



この日の診察では

アクア姫のような「耳ダニさん」の発見に至っておりませんが


(同郷の子たちからはほとんど発見されているらしい)


残念ながら、やはり

珊瑚さんもお耳の中は真っ黒でした。


週に一度、治療の為に通院予定です。



とっても穏やかで優しくて

人やワンコのことも大好きな、珊瑚さん。



身体は大きいけれど

ガサガサすることもなく落ち着いているので


まったく、ジャマにはなりません。(笑)



++嗚呼、短足動物園++


もしも、一緒に暮らすとしたらこんな子がいいなぁ…

と、心の底から思わせてくれる珊瑚さんです。



無駄吠えもありません。



今のところ、吠えたのは


ワクチンも終わっていないクレート待機生活中に

ユッケが横を走り抜けた際に、ちょっぴり反応した時だけ。


(ご対面してしまうと、その後吠えることはありませんでした)



小さな子にも、中くらいの子にも(笑)

とっても穏やかに優しく接してくれる「いいお母さん」タイプです。


実際、繁殖犬だったから

本当にいいお母さんだったんだろうなぁ…。



今のところ

難点を探しても見つからないくらいなのですが


ただひとつ。


雷など、響く系の大きな音がすると

パニックになってしまうようで


息遣いが荒くなって、舌がカラカラに渇いて

必死で人にすがりついて来ます。



ナデナデして宥めてあげると、落ち着きますが

雷や花火を聞く機会が多くなる季節には、対策が必要かも。



て、難点っていう程のことでもないんだけどね…。



10代目・アクアも、11代目・珊瑚も

本当にどちらもとっても可愛くていい子です。


今まで、大変だっただろうけど

これからは「自分の為に」生きていこうね。




++嗚呼、短足動物園++


「年下のおにいちゃん」も

そういえば久しぶりだわね。


自称・指導係ユッケどんとの絡みも、また追々と…。



と、いうわけで


約1ヶ月半お休みしていたので

フルパワー充電も完了。



一挙に、預かりっこが大・小と新たに加わった

新体制・たんそく一家のことを


これからもまた

どうか温かい目で見守ってやって下さいませ^^



預かりっ子・AQUA&珊瑚をはじめ

たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


ゴールデン・コーギー・マルチーズ…

この子たち3頭を連れてお散歩していると

かなり奇特な目で見られます。(笑)

新体制となった、たんそく一家に是非

アツい応援のクリックをお願い申し上げます!

と、いうわけで


先週、我が家にやって来た

ちっこい子と、おっきい子。


やっとこさ、ご紹介です。(笑)



テーマ分類の便宜上

記事をふたつに分けますね。


まずは「ちっこい子」から…。



++嗚呼、短足動物園++

(ブレちゃった)



仮名  AQUA(アクア) ♀


推定5~6歳程度

2.2kgしかない小さなマルチーズの女の子です。



フィラリア(-)


レボリューション 済 (3/22)

8種混合ワクチン接種 済 (3/22)


後日、避妊手術予定。



++嗚呼、短足動物園++


健康状態に、特に問題はないのですが


残念なことに

お耳に「ダニ」さんを飼ってらっしゃいます。


すなわち、耳ダニ^^;


++嗚呼、短足動物園++


そんなペットは、いらんっ。



なので、朝晩2回 点耳薬を投与中。

週に一度、通院の予定です。




++嗚呼、短足動物園++



うるっうるの瞳で

お世話係のことをひたすら見つめる、アクア。


…私の中では

なんとなく「姫キャラ」設定です。(笑)


今まで大変な思いをしてきた分

がっちり、幸せを掴もうね!



皆さま


預かりっ子(小)と預かりっ子(大)との

新たな生活が始まった、たんそく一家のことを


何卒、宜しくお願い申し上げます!



さ、このあとは

引き続きまして、預かりっ子(大)の紹介ですよ~。




預かりっ子・AQUA&珊瑚をはじめ

たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


まずは、預かりっこ(小) AQUA姫のご紹介でした。

預かりっ子たちが、先輩たちにも負けないくらい

特大の幸せを掴めるよう、応援のクリックをお願い申し上げます!

少し遡って

3月20日のお話になります。



既にご存知な方も多くいらっしゃると思いますが


他ボランティアさんより

レスキュー協力依頼を受けた


動物保護グループ 「Dog's Smile」さん。



そのお手伝い要員として

たんそく夫婦ふたりも、現場へと行って参りました。


(*chico*さん&オットさん、強力サポーター・あやひみさんと総勢5名)



あまり余裕がなくて

写真は少ししか撮影出来ていないのですが


「お手伝い」の立場から

私の見た光景と、思ったことを少し。




こういった現場へ


足を実際に踏み入れるのは

私も♂さんも、初めての経験でした。



++嗚呼、短足動物園++


ネットの画像やニュース映像では

もっともっと、悲惨な現場を見たことがあります。



そういうのに比べたら


現場も、ワンコたちの状態も

「ほんの少しだけ」マシなのかな、という印象…


(当事者がここに拠点を移した時期が、そう遠い過去でもないらしく)



ではありましたが


やはり、清潔さのかけらもない「入れ物」に

糞尿まみれ、毛玉だらけのワンコたち。


鼻腔にまで染み付くような、ツンとくる独特の悪臭…。


「酷い環境」であったことには、間違いありません。



上の写真は


既にボラさんがたの手によって

保護された後の光景ですが


この積まれたバリケンの中に


ゴールデンとラブ、大型犬たちが

詰め込まれた状態だったそうです。


(中には2頭で入れられている子たちも居たらしい)



そして

こちらには小型犬たち。



++嗚呼、短足動物園++


写っていない子たちがほとんどだけど

コッカー・シーズー・マルチーズ・ミニチュアダックスが居ました。



++嗚呼、短足動物園++

ガラスケースに貼られたシール

そこに書かれた「犬の十戒」のフレーズが、切ないね…。



個人・グループのボランティアさんたちで

協力体制をとって行われた、今回のレスキュー。



急なお話でもあった為

皆、状況がよくわからないままの現地入りとなりましたが


あとからお聞きしたところ

保護されたのは、総数で42頭だったそう。


(そのうち半数ほどが大型犬のGR・LR)



その中から

「Dog's Smile さん」で保護したのは


ゴールデンレトリバーが2頭

ラブラドールレトリバーが1頭

マルチーズが3頭

シーズーが1頭

ミニチュアダックスが1頭


合計 8頭でした。



++嗚呼、短足動物園++

(tamamaさん家預かりのシーズー、コテコテに毛が固まって目が塞がっています)



さぁ、彼女らをピックアップしたあとには

いざ、シャンプーに取り掛かりますよ。



++嗚呼、短足動物園++

(たんそく家預かりのマルチーズの女の子)




++嗚呼、短足動物園++

(同じく、たんそく家預かりのGRの女の子)



酷い環境の中に居た子たち。


1度や2度のシャンプーくらいでは

なかなかニオイも汚れも落ちません…。



++嗚呼、短足動物園++

(あやひみさん家預かりのダックスさん)



悪戦苦闘。

素人なりに、なんとか作業を進めます。



シャンプー・ドライヤーのあとは


現場に入っていらした

ボランティアトリマーさんたちの手で


++嗚呼、短足動物園++


小型犬(特にトリミング犬種)には

必要な処置を簡単にしていただきました。



さっきまで、目が塞がってしまっていたシーズーさん

お顔も、カラダも、スッキリしたね。



ところどころに出来ていた

マルチーズさんたちの毛玉も


綺麗に取ってもらえましたよ^^


(私だと、きっとこうはいかない)



++嗚呼、短足動物園++
(Dog's Smile総本山滞在の、ゴールデンさん)


総本山にはこの子の他に

チョコラブさんと、あとマルチーズさんが滞在します。



++嗚呼、短足動物園++


マルチーズ&ダックス

この子たちは、あやひみさん家お預かり。



そして

たんそく家お預かり…


とんだ貧乏くじを引いてしまったのが


++嗚呼、短足動物園++


こちらのゴールデンさんと



++嗚呼、短足動物園++


マルチーズさん。



いきなり大勢の人に囲まれて、捕まえられて

洗われて、乾かされて


異様な雰囲気に

ワンコたちもきっと、びっくりしちゃったよね。



ちっちゃい子も、大きい子も

本当によく頑張りました、お疲れさま…。



みんなね、本当にいい子だった。

可愛い、いい子たちばっかりだった…。




「お手伝い」といいながら


結局、現場での私は

ほとんど何も役に立ってないような状態でしたが



ただただ、その場に居る子たちを

なんとか救い出したい、という気持ちだけが


この身体を、動かしていた気がします。



「華やかなペットブーム」の裏に、こんな世界がある。


「夢」でも「フィクション」でもなく

そこにあったのは、確かな、残酷な「現実」。



話に聞いて

「知ってはいた」けれど


それを、この目で実際に見て、感じたことには

非常に大きな意味があったのだと、私は思うのです。



ただ、正直

この現場も、いわゆる氷山の一角でしかないのでしょう…


(もちろん、きちんと命に真剣に向き合ってらっしゃる業者さんもいらっしゃいます)



ワンコたちにはなんにも罪がないのに

ごく一部の、心無い人間たちのせいで


こんな、過酷な環境に置かれ

単なる「道具」としてしか、扱われておらず…


挙句、崩壊。



今回の場合はまだ

レスキューすることが叶いましたが


「他の世界」を知らないまま

「道具」として一生を終えていくだけの子も、まだまだ多いです。



いつもは

「オキラクゴクラク」な、このユルユルブログ。



こちらに遊びに来て下さるような

ワンコやどうぶつたちを心から愛しておられる皆さまにとっては


今回のレスキュー現場


通常ならば、見るような機会もない


ある意味、ショックを受けるような

環境&状況だったことだろうと思います。



ですが


こんな、なんの変哲もない

ごく普通の「愛犬ブログ」からでも


少しでもたくさんの「愛犬家」の皆さんに

これから「愛犬」を迎えたいと思っていらっしゃる皆さんに


こういった「現実」を知っていただけるなら



ただ単に

「可哀相」や「大変でしたね」とか「凄いですね」とか


そういったことだけではなく


ここから何かを感じ

考えていただけるきっかけとなるならば



本望、です。




話を元に戻しましょう。



この日、1日で

たくさんのボランティアさんの手によって


計42頭すべての子たちが無事に救出されたとのこと^^



これからはそれぞれの場所から

次の幸せに向かって、進んでいくことになります。



これまで大変な思いをしてきた分

みんな、みんな、しっかり幸せになろうね。



現場ボランティアの皆さま、お疲れ様でした。


そして、ありがとうございました。



長いお話に最後までお付き合い下さった皆さまも

本当に、ありがとうございました。



預かりっ子ちゃんたちのことは

また追々、じっくりとご紹介させて下さいね^^


ふたりとも、とっても可愛い子なんですよ。



++嗚呼、短足動物園++


あ、そういえば


この日、朝からお留守番させられ


しかも、ブログでの出番まで失ってしまうところだった

「不幸」なワンコが、我が家に居たわ…^^;


(すまん、ユッケよ)



いただいたコメントへのお返事も

気長にお待ちいただけると、嬉しいです~。



※この記事は予約投稿です※



たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


劣悪な環境からレスキューされたワンコたちも

お留守番に、出番ナシで、スネスネモードのワンコさんも(笑)

みんな、みんな、幸せになぁれ~♪のクリックをお願いします^^

UPが遅くなってしまいました…

って、まぁいつものことなんですけどね^^;



今日は、ちょっとマジメなお話。



既にご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが



先日、3月7日(水)


「動物保護グループ Dog's Smile」 の一員として


僭越ながら


奈良県某中学校に於いて


2年生の子ども達に向けての「いのちの授業」に

私もアシスタントとして、参加させていただきました。



++嗚呼、短足動物園++

(生徒さん手書きのボードです)


参加メンバーは


「Dog's Smile」 *chico*先生・オット先生


保護&搬送ボラ・フリマ隊・預かり・里親・ あやひみ先生
トリミングボラ・預かり・そして里親・ yaya先生

預かり・里親・ tamama先生

預かり・ えみを。先生(?)


と、人間が6名に

++嗚呼、短足動物園++


里親さま募集中の現・保護犬と

幸せを掴んだ、元・保護犬からの、選抜メンバー


*chico*さん家より、リチャードくん&アレックスくん

あやひみさん家より、あいのすけくん

tamamaさん家より、いぶきくん

そして、里親様募集中の、海(かい)くんの5頭。



「保護犬たちとのふれあいを通じて、小さないのちを考える」


2年生の学年主任の先生より

「Dog's Smile」さんに「いのちの授業」の依頼があり


そこから、上記のメンバーが集まったわけです。



あ、私は「先生」というほどのものではなく


忙しい*chico*さんご夫妻に代わってのカメラ担当と

あとは、臨機応変で時々ワンコたちのお守り係ですの。



++嗚呼、短足動物園++



「控え室」の段階から


ワンコを同室させることを

学校側から快く許可していただいたのですが



盲導犬や介助犬でもない

ごくごく、普通の家庭犬たちが校内を歩く…


++嗚呼、短足動物園++

(生徒たちの拍手に迎えられ、体育館に入場です)


これって、何気に凄い光景だと思いませんか?^^


背中がとっても誇らしいよ、ワンコ先生たち。




先ほどにもちらっとご紹介しましたけれど


生徒さんたちは、中学2年生。

いわば、難しいお年頃だったりするわけです。



自分が中2だった頃を思い出し


素直に話を聞いてもらえるのかな…

そんな心配も、正直なところ少しはあったのですが


++嗚呼、短足動物園++

(みんなちゃんと話聞くんやで by りちゃーど)


ホラね。

嬉しいことに、ちゃんと聞いてくれていましたよ。



もちろん、この時にお話しているのは

我らがりちゃセンセ…ではなく(笑)


++嗚呼、短足動物園++

(講演中の全体像は、こんな感じ)


「Dog's Smile」 *chico*さんです。



前もって、生徒たちには


「映画・犬と猫と人間と」のダイジェスト版を観た上で

アンケートを書いてもらっていたので


その結果を踏まえながら



「保護活動」のこと

「保護犬たち」のこと


そんな、若い彼ら・彼女らにとっては

ほとんど「未知の世界」であっただろうお話がしばらく続きます。



その間

生徒たちは私語もなく


++嗚呼、短足動物園++


ワンコたちは、粗相もなく。


ね、凄いでしょう^^



そして


*chico*さんの講演が終わったあとは

各クラスに分かれての、ふれあいタイムの始まり。



みんなが、先生になりますよー。



1組は、あやひみ先生&あいのすけ先生


++嗚呼、短足動物園++



2組は、yaya先生&海先生


++嗚呼、短足動物園++



3組は、オット先生&アレックス先生


++嗚呼、短足動物園++



4組は、tamama先生&いぶき先生


++嗚呼、短足動物園++



5組は、*chico*先生&リチャード先生


++嗚呼、短足動物園++



中にはもちろん

ワンコがニガテな子や、アレルギーを持つ子も。


学校側の計らいにより

輪からは少し離れた場所で、でしたが


そんな彼ら、彼女らも見学をしてくれていました。



アンケートの結果によると

意外にも、犬や猫を飼っている(た)数が多くなかったので


もしかしたら、抱っこしたり、撫でたり

触れ合うこと自体が初めての体験だったりする子も多いのかな。



++嗚呼、短足動物園++


ハイテンションだったり

おっかなびっくりだったり

ちょっぴり照れながらだったり。



だけど、ワンコたちに触れるその手は


男子も、女子も


++嗚呼、短足動物園++


みんな、とても大事そうに

優しく彼らを撫でてくれていました。


名前もいっぱい呼んでもらったね。



++嗚呼、短足動物園++


先生方(学校側のね)も

積極的に質問を投げかけて下さったりしながら


生徒たちと一緒にふれあいに参加されていましたよ。



と、あっという間に

1時間の特別授業は終了し


再び、拍手で送られながら

私たちは、控え室へと戻ったわけですが…



++嗚呼、短足動物園++

(みんな、お疲れさま)



くつろぐ間もなく(笑)


++嗚呼、短足動物園++


控え室にも

「延長授業」を求め、生徒や先生方が続々。



あっ、という間に


++嗚呼、短足動物園++

黒山の人だかり状態。(笑)



++嗚呼、短足動物園++


室内お散歩に



++嗚呼、短足動物園++


抱っこ。



ここでもまた、ワンコ先生たちは大人気。



キミたちがそうやって素敵な笑顔で

大事そうに抱いて、撫でてくれている子たちはね


もしかしたら、人間の都合だけで

この世からは「消されていた」かも知れない、命。


「奇跡の命」なんだよ。



いつかみんなの家庭でも

「新しい家族」を迎えたい、という話が出た時に


この日のことを

保護犬たちの命のぬくもりを


思い出してもらえたら、嬉しいな。



そして、この「いのちの授業」のこと


生徒さんたちだけでなく、先生方も

ご家族で、お友達やお仲間同士で話題にしてもらって



こんな「授業」があったんだよ、って

「里親を待っている保護犬」がたくさんいるんだよ、って


まずは、知ってもらうことが出来たら。



そして

またそこから新しい「輪」が広がっていけば


少しずつ、でも確実に

この社会も変わっていくのではないか、と思うのです。



私も、学生だった頃に

こんな授業を受けてみたかったなぁ…



++嗚呼、短足動物園++


きっと、誰よりも緊張しながらも

頑張ってくれた、ワンコ先生各位


りちゃ・アレックス・いぶちん・あいちゃん・海くん

本当にお疲れ様でした。


みんな、すっごくカッコよかったよ。



「ワンコの持つチカラって、やっぱり凄い。」

私も、改めて教えてもらった気がします。



++嗚呼、短足動物園++


おそらく、最高齢(?)なはずのいぶちん。

誰よりも元気で頑張ってたね~^^



あやひみさん・yayaさん・tamamaさん

そして「Dog's Smile」 *chico*さん・オットさん


お疲れ様でした。

ご一緒させていただけて、とっても、楽しかったです。


ありがとうございました。



そして、今回お世話になった中学校の

校長先生・学年主任の先生をはじめ、教職員の皆さま


素敵で楽しい、貴重な体験をさせていただき

本当にありがとうございました。



「いのちの授業」

私自身も、たくさん学ばせてもらうことが出来ました。



え~っと、そういえば

なにか忘れているような…



++嗚呼、短足動物園++

あ、ごめん…

だって、今日はマジメな話だったからさ。(笑)



ユッケもね、一応

お留守番、ありがとう!


Special Thanks なのです。



※この記事は予約投稿です※



たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


中型~大型犬を受け入れていただける

一時預かり家族も、随時募集中。


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


「マジメな話だから」って理由で

本日、残念ながら出番ナシだったユッケどんに

「お留守番、お疲れさま!」と

どうか労いのクリックをお恵み下さいませ^^;

↑このページのトップヘ