つい先日にお話した…

幾度もの手術に耐えて
耐えて、耐えて、耐え抜いてきた

預かりワンコ用のベッドですが


先日
とうとう

ご臨終となりました。

(ちーん)


この時期の子犬

破壊活動は
とどまることを知らない…

(白い物体は、元々ロープだったはずのおもちゃです)


この他、また違うベッドともオサラバしましたが


こないだに至っては
とうとう、ごはん皿までも。


お皿カジるって

ガッチャンか!!!

(ガッチャンがわからない方は、ググったりヤホったりして下さいね)


あ、でも大丈夫。

破片は食べてません。


そしてお皿は気にせずに使い続けております。


ただ

ごちそうさまのあと
お皿を下げるの、しばらく忘れてると

もれなく上記のような現象が起こりますので、要注意。


と、まぁ

日々、お世話係に
いろんな悲鳴を上げさせてくれるいなほくんですが

お世話係が見ているときには
ちゃんと、お利口に過ごせるんですよ。


ちょっと目を離した隙に
やらかしてくれるっつーだけの話なので

それはこちらが気を付けてあげればいいだけの話。


もちろん

毎日、破壊ばかりしているわけでもなく
「出来るようになったこと」だっていっぱいあります。


すぐにへたりこんでいたお散歩も
今は上手に歩いてくれるようになったし


「おはよう」と「ただいま」の際には
おシッポがちぎれんばかりに喜んでくれます。


目が合って
こちらが手を伸ばすと

嬉しそうにひっくり返って
お腹を見せてくれるのが、超カワイイ。


車酔いだって、だいぶ克服。


スゴイでしょ?


ゴハンをふやかしたり
回数も4回に分けて…とか

数時間おきのおトイレ誘導だとか


所謂
「手のかかる時期」からは

一歩ずつ、一歩ずつ
確実に進んで卒業しています、いなほくん。


日々、成長。


だからきっと
こんな出来事のひとつひとつも

将来には
笑い話になるんだよなぁ。


もしかしたら…

新しい環境では

一から、またはマイナスからの再スタートに
なってしまうかもしれません。


だけど、絶対に大丈夫。

いなほくんならば
乗り越えられるから。


早くほんとうのご家族が
みつけてくれると、いいね…。



たんそく家での預かりっ子たちをはじめ
たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


お問い合わせ等につきましては
 「Dog's Smile」さん
++嗚呼、短足動物園++
まで お願い致しますね。

          ランキングに参加しております。
      お手数ですが、下のバナーをみっつ!!!クリックして
   応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。    
 
  


子犬なんて、破壊が趣味みたいなものです。
いまのところ、「網戸を食べた」どっかのたんそくの武勇伝を
越える預かりっこは、まだいません。(笑)