わらういぬの生活。

奈良県の動物愛護グループ「Dog's Smile」さんで 里親募集中のワンコたちの一時預かりボランティアとしてお手伝いをしています。 現在、ビーグルのスパイク(♂7さい~&アンディ(♂1さい~)が仮暮らし中。

カテゴリ:預かりワンコのお話。 > 預かりワンコ(パピコ)のお話。

昨日の記事では

取り急ぎ、簡単にご報告だけをさせていただきました。



遅くなってしまいましたが


今日は、元・預かりワンコの

元・パピコさんの旅立ちの日の様子をお送りさせていただきますね。




と、いうわけで日曜日。


++嗚呼、短足動物園++


ぐずつくお天気の中

3ワンずお揃いのお洋服を着て、出発進行。



途中、寄り道を済ませたあとは…


++嗚呼、短足動物園++


オカマたちを後部座席に残して

パピコさんだけを特別席(お膝の上)に乗っけてみました。



++嗚呼、短足動物園++


そうそう、最後のドライブ。

しっかり送り届けてもらわなくちゃだもんね。



と、雨雲と共に到着したのは…


++嗚呼、短足動物園++


毎度おなじみ(?)

パピコさん&チャロぼんの保護主である


「Dog's Smile」  総本山。(笑)


*chico*さんご夫妻のお宅でございます。



オヤツを持っている*chico*さんに

何故か最前列で催促をしている、3ワンず…^^;


パピコさんに至っては立ち上がっちゃってるし、みたいな。



保護犬ちゃんたちにとって

こちらはいわば「実家」のような場所。


++嗚呼、短足動物園++

(ラグマットと同化中~^^;)


*chico*さんにいっぱいナデナデしてもらって

うっとり~なチャロぼんに



++嗚呼、短足動物園++


お好みのタイプの小さい子を見つけては


++嗚呼、短足動物園++


母のように付いて廻る、パピコさん。



一方の(完全なるオマケ状態)ユッケどんは


++嗚呼、短足動物園++


たくさんのワンコたちに囲まれ

飼い主が他の子をナデナデする度にヤキモチ妬いちゃって


うるさいのなんの…^^;




と、そうこうしている間に


この日の主役である、もうお一方が到着されました。



++嗚呼、短足動物園++


ですが

チャロぼんがお邪魔で、なかなか「主役」と触れ合えない。(笑)



++嗚呼、短足動物園++


チャロ…ユッケ…

頼む、空気読んでくれ。(笑)


そして、隣では

*chico*さん家のアレックスまでナデナデの順番待ち中。



肝心のパピコさんは何故か

今さらユッケのおチリをクンクンしてるしさー^^;



で、結局

いろいろとお話に夢中になってしまっていたおかげで


里親さまとパピコさんのツーショットのお写真は

この日、すっかり撮り損ねてしまったのだけれども…



既にご存知な方もいらっしゃるかとは思いますが


こちらの「里親さま」は


以前、パピコさんの仲間である

トビィくんをお預かりしておられた「クズル母」さん、なのです。



「Dog's Smile」さんとも

「保護ボランティア仲間」であると言えるのかな?


もちろん

ご家庭の環境やお人柄なども周知の仲。



なので、今回は通常のお見合いとは違い


「トライアル」も無く

めでたく、いきなりの「正式譲渡」に至ったわけなのですよ。



ですから皆さま

どうか「淋しい」だなんておっしゃらないで下さい。



今後のパピコさんの様子は…


クズル母さんのブログ

「黒ラブクズルのおバカな日常」 で、きっと見ることが出来ますから^^



「キラナ」ちゃん

という新しい素敵なお名前をいただいたそうです^^



飼い主さんからの

いちばん最初のプレゼントである「お名前」


「光・オーラ・輝き」などの意味を持つ

「キラーナ」が語源なんですって。



よかったね、キラナちゃん。


長いあいだ待っていた甲斐あって

素敵なご縁を掴むことが出来ました。



++嗚呼、短足動物園++

(変則ですが、ラストな3ショット)


パピコ改めキラナちゃんのリードの

持ち手のわっか部分をユッケの顔に掛けられる、という


最後の最後まで

♂さんに遊ばれちゃったりして、苦労かけたけど…



++嗚呼、短足動物園++

(ユッケが動くと、もれなく引っ張られるキラナ嬢)



この日は

やたらとユッケのおチリをクンクンしていることが多かった彼女。


++嗚呼、短足動物園++


どこか記憶の片隅にでも

こんなたんそく犬と一緒に暮らしてたっけなぁ、って


憶えててくれるかな。




本当のご家族に囲まれて

いっぱいいっぱい幸せになってね、キラナちゃん。



クズル母さんのお宅では

保護犬の預かりもされているから


そちらでもきっといい教育係になってくれると思う。



年下のお姉ちゃん、クズルちゃんとも仲良くね。


あなたのその笑顔で

これからは本当のご家族をたくさん照らしていってあげて下さい。



今まで本当にありがとう。



クズル母さま

優しい手を差し伸べて下さって、ありがとうございました。



そして


長いあいだ

当ブログを通して応援して下さった皆様にも


改めて御礼申し上げます。



++嗚呼、短足動物園++


可愛い「キラナちゃん」のことを応援してあげて下さいね。



あなたを包むすべてが やさしさで 溢れるように…



あっ

引き続き、チャロの応援もお願いしますのだ~。(笑)




我が家の預かりワンコ・チャロは里親さま募集中。

他にもたくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


チャロぼんのプロフィール記事は →  こちら


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


時間は掛かったかもしれませんが

最後に大きな幸せを掴むことが出来た

パピコさん改め、キラナちゃんに「おめでとう!」のクリックを

どうか宜しくお願い申し上げます。


皆さま、本当にありがとうございました。

実は…


我が家の預かりっ子1号・パピコさんが

昨日、我が家を旅立って行きました。



昨年の8月9日にやって来てから

まぁ、いろいろありましたが


10ヶ月以上もの時間を経て


やっと、ほんとうの幸せを…赤い糸を掴むことが出来たのです。




預かり期間の長い短いにかかわらず


我が家では預かりっ子たちにも

その間、本気で「ウチの子」のつもりで接してきたわけですから


正直、まったく淋しくないといえば

ウソになるのかもしれません。



共に過ごした時間

本当にたくさんの幸せをパピコさんたち、預かりっ子からもらいました。



彼ら、彼女らが

この家を巣立っていく瞬間まで


精一杯、大切に愛して


そして、最後には笑顔で

本当のご家族のもとへと送り出す。



「預かり家族」のあり方については

いろいろなお考えをお持ちの方もおられるかもしれませんが


それが

私たちの「責任」であり、「恩返し」でもある。



そういった意味で


無事に送り出してあげることが出来たいま

私たちの心は非常に晴れやかなのですよ^^




晴れて「正式譲渡」となった

「預かりワンコ・パピコさん」に対する、私たちの任務は


昨日をもちまして、無事に修了致しました。




本当にたくさんの皆さまから

パピコさんのことはずっと、優しく見守っていただいて参りました。



なのに

事後報告になってしまい、申し訳ございません


そして、この場をお借りして

心より厚く御礼申し上げます。


ありがとうございました。



これは「悲しいお別れ」ではなく

彼女が幸せになる為の、「新たな門出」。




どうか


大きな幸せを掴んだ彼女を

そして、ご縁を手繰り寄せて下さった里親さまを


たくさん、たくさん、祝福してあげて下さい。




取り急ぎ、簡単にご報告させていただきました。



パピコさんの旅立ちの様子は

また追って、お話させて下さいね。



本当に、ありがとうございました。



たんそく一家より。




我が家の預かりワンコ・チャロは里親さま募集中。

他にもたくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


チャロぼんのプロフィール記事は →  こちら


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


ゆっくりと時間を掛けて

最終的に大きな幸せを掴むことが出来た、パピコさんに

どうかあたたかいエールをお願い致します。


皆さま、本当にありがとうございました。

ここのところずっと雨続きで

ろくにお散歩やお出掛けにも行くことが出来ない、たんそく一家。



この週末も

台風の影響もあって、あいにくの梅雨空でございます。



昨日は♂さんがお休みでして

朝からコストコやらあちらこちらへ忙しく走り回っておりました。


ワンコたちは、残念ながらお留守番。



だけど

夕方に寄ったパン屋さんで見つけた


++嗚呼、短足動物園++


ワンコと飼い主が一緒に食べられるというクッキーを

ちゃんとお土産に持って帰って参りましたよ。



お店のおばちゃまに「何匹いるの?」と聞かれたので

「3匹」と答えたら、ひと袋おまけしてもらっちゃった、フフフ。



これで少しはワンコたちもご機嫌直してくれるかしら…。




てなわけで

雨なのでなかなかお出掛けも出来ませんが


残っていた写真を使って


今日は記事の中だけでも

「上天気」を味わってみようかと…。(笑)



++嗚呼、短足動物園++


この日のたんそく一家がやって参りましたのは

毎度おなじみ、平城宮跡。



昨年の「平城遷都1300年祭」でだいぶ整備された…とはいえど


やはり、この時期になると

広場はどこもかしこも草がボーボー^^;


(鹿さんを放牧すればいいのに…、といつも思うんだけど)



それでもなんとか遊べそうな場所を見つけて


++嗚呼、短足動物園++


いざ、出陣。



++嗚呼、短足動物園++


まずは、お約束の…

「大極殿をバックに走る、たんそくん」



あんよの短いたんそくんは…


++嗚呼、短足動物園++


やっぱり

見事に草に埋もれちゃうよねー、的な^^;



隠れシャコタンな預かりっこ1号・パピコさんも…


++嗚呼、短足動物園++


やっぱりこんな感じで埋もれかけ。



足長王子のチャロぼんは、というと…


++嗚呼、短足動物園++


優雅にレジャーシートの上で、鎮座中でした^^;





そんな、いつも通りに

思い思いの過ごし方をしていた、たんそく一家の元に


突然


++嗚呼、短足動物園++


THE・ノーリードのミニピンさんが乱入して来られましてね。



そんな来訪者に興味津々だったのは

預かりっ子1号・2号。



パピコさんに至っては


この来訪者さんが

かなり「お好みのタイプ」の子だったらしく


++嗚呼、短足動物園++


まるで突然、スイッチが入ったかのように

イキイキと走り始めちゃったりして…^^;



ユッケやチャロが相手だと

絶対にこんな風に遊んだりしてくれないのに


パピコさん、わかりやすぅー。(笑)



その後、このミニピンさん


少し離れた場所に居た

飼い主さんに呼ばれてすぐに戻ってっちゃったんだけど



いつまでも名残美味しそうに

ずーっとそっちの方向を見つめていました。



普段、こういう広場に連れて来ても

あまり走らないパピコさんが


この日は、ある意味ユッケよりもハッスルして居たかも^^;


++嗚呼、短足動物園++


よっぽど楽しかったんだね。



でもさ

遊び相手ならば

ウチにも居るはずなんだけど…


こんな雨の日には特に

ワンコ同士で楽しく室内運動会とかしてくれたら嬉しいんだけど…



残念ながら


ウチにいる「たんそくん」と「くりくり坊や」のことは

まったく眼中にないらしい。



意外と自分の好みにシビアなオンナ・パピコ。


今年で9歳。

まだまだ若いですぅ。



お・ま・け。


++嗚呼、短足動物園++


無意味に胴上げされて

全身のチカラと、魂が抜けてしまった「たんそくん」



残念ながら

♀ワンコにはまったくモテない…



※この記事は予約投稿です※



我が家の預かりワンコ・パピコ&チャロは里親さま募集中。

他にもたくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


パピコさんのプロフィール記事は →  こちら

チャロぼんのプロフィール記事は →  こちら


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


同居中のパピコさんをはじめ

女子ワンコにはまったくモテたためしのない残念過ぎるユッケどんに

どうか「ドンマイ!」と同情クリックをお願い申し上げます^^;


++嗚呼、短足動物園++


たまには「普通のお散歩」の光景でも。



てか、♂さんがお休みの平日の朝に

わざわざ車に乗って来てるので


あまり「普通のお散歩」ではないかもだけれど^^;



++嗚呼、短足動物園++


まぁ、そんなことはともかくとして

こちらに向かって笑顔で歩いてくる、3ワンずの姿。


何かがおかしい気がするんだけど…。



何だろ。


++嗚呼、短足動物園++


…わかった。



++嗚呼、短足動物園++


この日はあまりに風が強くて


預かりっこたちの犬相が

向かい風のせいで、変わっちゃってるんだ^^;



特にパピコさん。


++嗚呼、短足動物園++


こちらは追い風バージョン。



「TMレボリューション」か!(懐)


まぁ、ブログのネタ的にはオイシイから

エミヲ的にもオールオッケーなんだけど。(謎)



++嗚呼、短足動物園++


それにしても


なんか…

すごく大変なことになってるように見えますが



++嗚呼、短足動物園++


大丈夫?^^;



と、こんな感じで

モロに強風の影響を受けてしまった、預かりっこたちでしたが


一方、ウチのユッケどんはと申しますと



++嗚呼、短足動物園++


低重心シャコタン、しかも短髪なので

まったくもってへっちゃらでございました^^;



…カメラに近付き過ぎて、顔キレてるけどな。



※この記事は予約投稿です※



我が家の預かりワンコ・パピコ&チャロは里親さま募集中。

他にもたくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


パピコさんのプロフィール記事は →  こちら

チャロぼんのプロフィール記事は →  こちら


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


TMレボリューションばりに強風を浴びながら

頑張って歩き続けたワンコたちに

「お疲れさん!」と労いのクリックをお願い申し上げます。

《預かりワンコパピコさんのアピール記事・今後も随時更新予定》



(4月11日・更新)

++嗚呼、短足動物園++


素敵な里親さまに見つけていただく為に…



パピコ(仮名)


シーズー(♀)

2002年生まれの8歳


体重…5.4g


フィラリア(-)


8種混合ワクチン接種済 (8/9)

避妊手術・マイクロチップ挿入済 (9/4)



元々は、お庭でシーズーばかりを多頭飼いしていた

飼い主さんの死去に伴い


8/9に、他の仲間3頭と共に「Dog's Smile」 さんに保護されました。




乾性角膜炎(ドライアイ)を患っているので

少し、目の色が白く濁って見えますが視力に問題はありません。


(但し、1日に2回の涙を補う点眼治療は今後も必要です)



保護当初は脂漏性皮膚炎により

首からお腹にかけての酷い脱毛があり、皮膚は黒く硬化していました。



乾性角膜炎も、脂漏症も

シーズーには多く見られる疾患。



目についても、お肌についても

きっと適切な処置をなされないまま


長期に渡って放置されていた結果

こうなったのではないかと思われます。


++嗚呼、短足動物園++

(保護当日の姿です…正直、かなり痛々しかった…)



しかし、週に1~2度の薬用シャンプーにより改善が見られ

今では、脱毛していた部分にもしっかりと毛が生え揃ってきました。



++嗚呼、短足動物園++


(シャンプーのあとのドライヤーは厳禁ですよー)




++嗚呼、短足動物園++


お目目についても

特に左目がよく見ると白く濁っているのですが


ほら、よ~~く見ないと写真ではわからないでしょ?^^



お毛毛もふんわり伸びてきて

もうばっちり、あの丸刈り姿とは別犬の…可愛いシーズーです。(笑)

++嗚呼、短足動物園++


アレルギー体質だという診断を受けたのですが


今のところ、食物による反応は出ておらず

もしかしたら、環境による要因が大きかったのかもしれません。




あと…


両手足が先天的なものなのか

もしかしたらパテラなどの影響か


少しだけですが、外に向いてしまっているようです。



ですが、普段の歩行にもまったく問題なく

本犬はちっとも気にせず、元気に走り回っておりますよ。


++嗚呼、短足動物園++

見た目にもそうはっきりとわかるわけではなく

「ちょっと…ガニマタだよね?^^;」って程度…かな。


(手術の必要等もなしとの、お医者様の診断です)


++嗚呼、短足動物園++


最初の頃にはものすごく怖がりで

大人し過ぎるくらいという印象だったのですが


新しい環境にも慣れたのか

かなりフレンドリーな子に大変身しました。



老若男女問わず

初対面の相手にもかなり愛想とシッポを振ってくれます。



自分からお膝に乗ってベタベタに甘えてきたりというのではなく

いつの間にか、静かにそっと側に寄り添っているタイプ。



普段はサークル内のベッドで眠っていることが多いですし

動きもちょっぴりスローなのですが(←コーギーが基準なので^^;)



お散歩やお出掛けが大好きで


外に出るといつも嬉しそうに跳ね回って

人の横をお利口に歩いてくれる様子は純真で本当に可愛いですよ。




リードを引っ張る事も無いし

チャカチャカしたところもありませんので


小さなお子様やお年寄りのいらっしゃるご家庭にもきっとバッチリ。



++嗚呼、短足動物園++


無駄吠えはほとんどありません。

(たまに要求吠え程度はあります)



おトイレは1日1~2回、お散歩時に外で済ませます。

(非常に間隔が長い…らしい)



基本的に家の中での粗相はないのですが


留守番時に「あてつけ」で


サークルを上手に抜け出して

部屋の中でわざわざやらかしてくれるようなフシがありました^^;



淋しさゆえの行為だと思われた為


「留守番時には、先住犬のサークルに一緒に入ってもらう」

と、いう手段で対応してみたところ


…我が家に於いては、これで大丈夫だったみたい。



狭いサークルの中で

先住犬と大人しくお留守番してくれています。(笑)


++嗚呼、短足動物園++

(留守中、こんな感じでくっついてるのかも)



ですが


今では、短時間ずつではありますが

ひとりでも待てる時間が増えてきているようには思えます。



もしかしたら

環境の変化でまた…という可能性もあるかもですが


なるべくなら、お留守番の少ないご家庭

もしくは、お留守番があっても先住犬がいらっしゃるご家庭ならば


そう、問題行動は出てこないのではないか…と。



もし、粗相があっても

だいたい、いつも決まった場所になるので


前もって、そこにトイレシーツを敷いておくという方法も有効^^



この点については

里親さまのお宅でも気長に対応していただけると有難いです。




そして

他犬とは、まったく問題なく…


むしろ、ワンコと遊ぶ事は大好きなようで

ドッグランなどでは、大きな子も小さな子も上手に誘い


8歳だとは思えない程、元気に走り回ります。



かといって

そう、運動量が必要か…というと、そうでもありません。


「オン」と「オフ」の切り替えスイッチがはっきりしている

といった感じでしょうか。



家ではのんびり。

外でははしゃぐ。


メリハリは、かなりきいてます。(笑)



で、意外と

今のところ、あまりおもちゃには興味ないらしい。




大好きなものは、お散歩・お出掛け・ゴハン・オヤツ

そして、ワンコ。(特に小さい子)



基本的にはドライフードなのですが

たまに与える手作りご飯なども、しっかり残さず食べてくれています。


ただし、固めのガムなどはあまり得意ではないかも。

(何本か、歯がありません故)



あ、サークルに取り付けるタイプの給水器は使ってくれません。

ボウルなどに入れたお水をいつもコミカルな仕草で飲んでます。




苦手なものは、お留守番と雷。



普段はサークル内のベッドで

ゆっくり寝て過ごしていることが多い彼女ですが


雷が鳴り始めると、慌てて人にすがり付いてきます。


ですが、

吠えたり、パニックを起こすようなことはありません。



大人しくて、温厚で、お利口さんで

無駄吠えもなく、人もワンコも大好き…



少々、寂しがり屋さんで


週2回のシャンプーと、1日2回の目薬こそ必要ですが

本当に、本当に、育てやすい子だと思いますよ。


(お世話係、非常にラクさせていただいてます^^)



仕草がとってもキュート、コミカル。



一緒に暮らしているだけで

みんな笑顔になっちゃうこと間違いなし。



パピコさんを知れば知るほど

その魅力がクセになる…そんなスルメのような味わいなのです。



++嗚呼、短足動物園++




我が家にやってきた当初は

「…大丈夫かしら?^^;」と、ぶっちゃけ不安になったものですが


今ではどど~んと太鼓判を押せちゃいますぜ。


(なんて言うと、ちょっと偉そうに聞こえちゃうかもだけど)




もしかしたら「8歳」という決して若くはない年齢が

多少は赤い糸探しのネックになるということもあるのかもしれませんが


こういう、落ち着いた年齢のワンコとの暮らしって

独特の優しい、あたたかい時間が流れる、素敵なものだと思います。




お肌や目の症状もだいぶ落ち着き

我が家から旅立っていく準備はしっかりと、整いました。



そんな、パピコさん。

素敵な里親さま、募集中でございますよぉー。


++嗚呼、短足動物園++


今日は出番がなかったユッケどんからも

強く、オススメしま~す。(笑)



預かりワンコ・パピコさん

そして他にもたくさんの保護犬たちが里親さまを待っております。

一時預かりをしていただけるご家族も、絶賛募集中。


お問い合わせ等につきましては

「Dog's Smile」 さん までお願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


         別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

             お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


キュートさ満開の、預かりワンコパピコさんに

素敵なご縁が繋がりますよう…

どうか皆さまからも、引き続きアツい応援のクリックをお願い申し上げます~!

↑このページのトップヘ